簡単ダイエットと食事

無理な食事制限は逆にリバウンドなどを招いてしまうため、絶対にしてはいけないことですがこれはあくまで過度な食事制限であって、ダイエットに食事制限が欠かせないということに代わりはありません。いくら日々の運動や、ストレッチ、生活習慣の改善などを意識していても、本能の赴くまま何も考えないでガツ食いしていては減る体重も減りません。いくら基礎代謝を上げてもそれを上回る量のエネルギー量を毎日取っていたのではエネルギーは消費しきれず体に溜まってしまいます。

ダイエットを成功させたいなら今より少しで良いので食事の量を減らすように心がけてみましょう。とはいってもこれからダイエットをしようかという人の中には食事の量がどうしても減らせなくて困っているという人も大勢いると思います。しかし常にお腹いっぱい好きな物を食べていたのでは体にもあまり良くありませんし、生活習慣の改善がダイエットに繋がるという簡単ダイエットの考え方から見てもあまりよろしくありません。ここでは簡単ダイエットではどのように食事制限をしていくべきなのかをご紹介します。

ダイエット中の食事制限

健康という面から考えると、1日3食の内どれかを抜いて食事を抑えるというやり方はあまり良くありません。1日の摂取時期がずれてしまうと体のバランスが崩れ新陳代謝が悪くなり、自律神経などの精神的な部分にも影響が出てしまうためです。

これはダイエットという面から見てもデメリットで、身体のバランスが崩れると栄養を摂取しづらい体質になってしまうため食事の栄養分が体に上手く行き渡りません。この時残りのエネルギーを体の中から摂取しようとするのですがこの時、使う場所は脂肪ではなく筋肉なのです。食事を抜いたり、不規則な時間に食事をとって体のバランスが崩れてしまうと、筋肉がどんどん落ちてしまいひいては基礎代謝が悪くなって肥満にもつながってしまうのです。また、精神的なバランスを崩してしまうと心に余裕がなくなってしまうためダイエットどころではなくなってしまいます。これは極端な例ですが、このようなことが起こらないとも限りませんので、ダイエットをしているといえども食事は決まった時間に3食きちんと取るべきなのです。

ではどのように食事制限をすれば良いのかといういうと、3食の中で少しずつ量を減らしていくのです。3食はきちんと取るが腹八分目に押さえる。これが正しいダイエット中の食事制限の仕方です。この方法なら食事を我慢するという苦痛からは解放されますし、出来れば献立もダイエット用に作った方がよいのですが、まずは何を食べてもいいというところから始めても十分効果が期待できるため、好きな物はひとまず食べられるためとても入りやすいでしょう。年齢が若い人などはお腹いっぱい食べないと満足出来ないという方もいるでしょうか、健康面から見ても腹八分目はとても良いとされており体にもよい、ダイエットも出来ると一石二鳥ですし、好きな物を食べれるのですからこんなに簡単な食事制限はありません。

check

2016/4/25 更新